奈良岡元・脳の整体・ブレインハック

東京ベース『ブレインハック』する脳の整体師・奈良岡元のブログ

吸収されないサプリ

サプリメントといえば、不足のある栄養素や成分を錠剤等で補う事ができる『食品』です。実際は法の関係上、痩せるとか、膝の関節が良くなるというように表示する事が出来ません。(あくまでも栄養補助食品なので食べ物なんです)

 

でも、サプリメントを見かけるたびに、私的に、どうなの?と思うものがとんでもなく多いの驚きを隠せない。

 

サプリの代表格といえば、ビタミン系のもの、コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンなどではないでしょうか?

 

ビタミンを沢山口に入れても、必要な分だけ摂取して、あとはそのまま消化されず、腸を素通りします。身体にとって必要な分しか吸収しないのです。

 

また、ビタミンはB.C.A.D.Kと様々な種類があり、多くの機能をサポートしていますか、自分自身の身体にどれが必要か?というのをどうやって知るのでしょうか?本当は誰も厳密にはわからないと思いませんか?

 

コンドロイチンやコラーゲンもそう。確かに軟骨や皮膚の成分ではあるものの、多く摂取したからとって、確実に軟骨や潤いなどに変換されるわけではありません。必ず肝臓で分解されます。もし、仮にコンドロイチンが膝の軟骨を再生するとすれば、どのくらいが適量か、私達は理解できるのでしょうか?

 

販売元は効果ばかりを謳います。そりゃ売りたい方の熱意って、ただ佇んでいる真実より、よっぽど情熱的ですから、目に入りやすいですね!真実は探さなきゃ見えないけど、売りたい情熱は勝手に目に入ってきます。

 

よーく考えれば矛盾だらけのサプリメント。なのに、なぜ売れるのか?ここで問題なのは、『人体を機械のように都合よく捉える現代人の思考』なんだと思います。

 

身体にいいから、ビタミンを多く摂取しよう。とか、膝が痛いので、コンドロイチンを!とか、全く機械的な発想です。現代人は『手間がかからない』ものを好みます。しかし、身体は自然や地球と同じく手間がかかるもの、なのです。そんな都合よく日々の不摂生を帳消しにはしてくれません。

 

手間とは所謂プロセスです。手間と思わずにプロセスを楽しむ事。そして丁寧なプロセスの先には自ずと必要な事が体内で自動的に実行されます。それは仕事も日常も一緒ですよね?

 

決してサプリメントのアンチテーゼではなく、機械的に都合よく身体を捉えてしまう根本的な思考が大問題なのです。

f:id:Life_healing:20191014145556j:plain
脳から身体の不調を整える整体

『ブレインハック』

ご予約はこちら

www.naraokahajime.com

 

アラフォーからのストレッチ

何かと自分自身の変化が表面化するアラフォー。これを老化と考えるより、変化と捉えて頂きたいと思います。人は生まれてから死ぬまで目に見えない小さな変化を繰り返し、死に向かいます。変化を老化と捉えると、若い頃が素晴らしく、歳を重ねると劣化していくという概念を脳は無意識に固定化してしまいます。歳を重ねるって、そうじゃないんですよ。

 

40代に差し掛かるあたりで是非行って欲しいのがストレッチと瞑想です。今回はストレッチについてお伝え致します。

 

ストレッチというと、筋肉や関節を伸ばすという固定概念が間違って刷り込まれているかと思います。それはスポーツなどの非日常の動作を和らげるためにあります。では、日常的にスポーツを主な活動としない、一般的な生活が主体になる方にとって、筋肉を伸ばす必要はありません。

 

大切なのは、『緊張を手放す事』です。

 

筋肉を伸ばすという動作は縮んだものを伸ばすために、負荷をかけます。しかし、緊張を手放すというのは、緊張に気づき、自らの身体に停滞した緊張を身体の外にリリースします。

 

同じ前屈をしてもぐーっと伸ばすのではありません。だらーんと、ただ力を抜くのです。

 

そうは言っても40過ぎた男性が、身体がゆるゆるになるとは思えません。またゆるゆるになる必要がありません。むしろちょっと緊張感がある身体の方が戦えるし、責任感や覚悟は身体の硬さに現れます。そのため、男性のゆる過ぎる身体は好ましいとはいえないと私は考えています。

 

だから、人と比べたり、集ってヨガをしたりする必要はなくて、少し緊張を手放すだけでいいのです。それは学生時代、体育で行なっていた体操で結構です。

 

ポイントは伸ばさない!緊張を手放す!それにはゆったりと深い呼吸と共に、緊張をリリースして下さい。

 

40歳あたりから、人間の脳は雑食を好まなくなり、必要な能力だけが太くなります。物忘れが激しくなるし、言葉も出てきません。でも、忘れたもの、出てこないものを出す必要はありません。それはあなたには不要な言葉や出来事なのです。

 

このような脳の働きの影響もあり、身体もパターン化された動きに特化してしまいます。そのため、特定の筋肉だけが使われ、他は不要になり、弱くなります。脳内と身体は同期しているため、コントラストがはっきりしてくるので、身体が硬く感じるのです。

 

だからこそ、緊張を手放すストレッチが功を奏します。

 

パターンが強化されれば専門性は増しますが、度が過ぎると頑固になります。頑固になるのは硬さなんです。硬さは緊張が生み出すもの。

 

少しだけ肩の力を抜いて、緊張をリリースするだけで、専門性が広がり、柔軟な専門性を獲得できる身体になれるように思います。

 

毎日10分でいい。とにかく続けること。お酒に負けないで、続けること!自分でやる気になること!それもできる男のうち!

f:id:Life_healing:20191012111927p:plain
 

脳から身体の不調を整える整体

『ブレインハック』

ご予約はホームページから!

www.naraokahajime.com

酒と肝臓

中瓶ビールの500ml、アルコール度数は5%、冷えたコップの注いで飲み干します。

 

口の中から喉ごしを楽しみ胃へ流れ込み、2割程度吸収され、そのまま十二指腸、小腸と速いスピードで流れ、全て吸収されます。

 

吸収されたビールは然程時間をかけずに全て肝臓にたどり着きます。 

 

肝臓にたどり着いたビールは酵素によって複数回分解されます。まずエタノールからアセドアルデヒド 、さらに酢酸になり、その後、水と二酸化炭素に分解され身体の外へ排出されます。

 

しかし、肝臓の酵素には個人差があり弱い場合、アセドアルデヒド の状態で血中にリリースされてしまいます。このアセドアルデヒド が大変厄介なやつでして、動悸、頭痛、赤くなるなど俗にいう悪い酔いを引き起こします。

 

また、血管を拡張し、血液循環が促進され、肝臓、腎臓、脳が浮腫んだような状態を作ります。

 

また、アセドアルデヒドがさらに厄介なのが、発がん性物質だという事です。ガンを発症した経験のある方は、飲酒を避けるのが賢明です。

 

何度か体内を循環したアセドアルデヒドは時間をかけて肝臓で分解され、体外へ水と二酸化炭素となって排出されます。だから、酔うと酒臭いし、頻尿になるのです。

 

この分解する時間なのですが、実は体重に比例し短くなります。例えば70kgの人が500mlの瓶ビールのアルコールを分解するのはおよそ3時間は最低かかるとされます。体重が重い人は、比重の関係でアルコール分解が速いとされてます。逆に体重が少ない人はアルコール分解に時間を要するとされています。

 

アルコールの分解は肝臓にとって重労働です。会社員が土日休みなのに、休肝日を作らず、毎日飲酒し肝臓や腎臓は休まず重労働するとどうなるか?容易に察しがつくかと思います。もし、日常的に薬を服用したり、甘いものを食べる習慣がある場合、それ自体でも肝臓は疲弊しています。そこに飲酒が重なると肝機能は崩壊し、女性の場合は乳がん子宮筋腫などに繋がる布石となってしまいますので要注意です!

 

 

悪い酔いの頭痛時にお試しいただきたいのが、頭を冷やす事!脳が浮腫んでいるのは血管の拡張が問題ですので、キュッと締めましょう。また、お白湯を飲んで尿を沢山出す事が効果的です。また、休肝日では整体をご活用いただけると、脳や内臓にはより良い休暇となり、肝臓の傷跡を和らげることができます。

f:id:Life_healing:20191009200619j:plain

脳から身体の不調を整える整体

『ブレインハック』

ご予約はホームページからどうぞ!

www.naraokahajime.com

Let it be

『好き』『嫌い』を雑に扱っていませんか?

 

物事の判断基準を『好き』『嫌い』で決めてしまうと、不幸を招き、幸福から遠のくばかりか、機会損失する一方です。結局苦しくなって病気になるんだと思います。それはなぜか?

 

好きか、嫌いか、の判断は既に一度は実体験があることのみ該当します。また、もう少し現実的に考えると、数回自ら経験し、対象をある程度理解した上で好き、嫌いと初めて『本質的な好き嫌い』が生まれます。一度の経験で全てがわかる人間なんていませんからね。

 

世界には似たようなモノ・コトはあっても、同じモノ・コトは基本的に存在しません。

 

例えば、リンゴが二個、皿の上にあったとしても、それは同じリンゴではありません。似たような赤い球体が2つあるのが正解です。つまり、同じモノはありません。それはお皿などの既製品でさえもそうです。

 

リンゴが好きだとします。なぜ好きなのかというと、歯ざわりやほのかな酸味が好きだとします。皿のもう1つのリンゴも同じ味がするという絶対的な保証はありません。もしかしたら、すごく甘いかもしれない。歯ざわりも多少違います。

 

ほのかな酸味が好みの人からすれば、同じ皿の甘いリンゴは好きなのでしょうか?好きだとすれば、酸味が好きが嘘になります。そうやって人間は小さな矛盾を作り、知らずに嘘をつくのです。

 

もう、お分りいただけたでしょうか?

 

つまり、同じモノ・コトが存在しないこの世界において、『好き』『嫌い』は過去に囚われているだけで、目の前の今を見ていないのです。そんな目隠し状態で、正しい判断なんてできると思いますか?

 

Let it be、流れに逆らわず、まずは今起きているコトをそのまんま受け止め、体験してみは?

f:id:Life_healing:20191007185127j:plain脳から身体の不調を整える整体

『ブレインハック』

ご予約はこちら

www.naraokahajime.com

Make a good choice

私は日常的に本を購入し拝読します。

大体はAmazonで購入していたのですが、良い本に出会う確率が低すぎる事を悩ましく思っておりました。

良い本とは十人十色です。拙著もすごく評価してくれた方もいれば、与太話の烙印を押された方もいらっしゃいました。これって食べログなんかもそうなんだけど、本当に他人の意見やレビューは当てにならない。何万冊を読んだ人だろうが、やっぱり主観的な意見でしかありません。

特に、私のような個性的な人生を送っていると、まぁ一般論とは合致しないわけです。つまりミスマッチ率高めです。それを解決する方法は?実は簡単でした。それは・・・

 

『自分の足で本屋さんに行って実際に本に触れて見る事!』

これに尽きます。

 

何だか自分を含め、楽な方や便利な方へなんとなく向かって選択しがちなのですが、やっぱり自分の目で確かめて、その本の持つ言葉の重みや雰囲気を肌で感じることで、ミスマッチを防ぐ事ができると確信しました。

 

これは東京に住んでいる利点でもあります。先日、池袋のジュンク堂本店に伺ったのですが、ない本がない!!マニアックな本もおおよそ揃っています。古書や文芸は神保町に行けば出会えるし、下北沢には演劇の台本などが売っていたりもします。実際に触れて見る機会が最も多いのが東京ですもんね。活用しなきゃね。

 

Amazonって革新的で素晴らしい企業で、GAFAの中でも注目株かなと思うのですが、本を選ぶという事ひとつにおいても僕は限られた人生という時間の中で、より有意義な選択を行うことは機会損失を防ぎ、人生の経験値を高める方法だと痛感しました。

 

たかが本選びなんですが、このような選択を丁寧かつ大切に行う習慣こそ、人生を豊かにする第一歩なんだなと再認識しました。何事も便利が大切な機会を奪っている可能性があると思いますよ。

f:id:Life_healing:20191006151324j:plain
脳から整う・中から変わる『ブレインハック』

より良い出会いがありますように!

ご予約はホームページからどうぞ!

www.naraokahajime.com

 

骨折した事ありませんか?

どこかの骨を骨折した事ってありますか?

 

僕は右のスネの骨を小学生に折っていまして、その影響でたまに右膝や右腰が痛みます。

 

僕がお伝えしたいのは、もしかしたら、骨折が原因で頭痛や腰痛を含む関節痛などが起こっているかもしれませんよ!という事です。

 

それはどんな些細な骨折でも影響する場合があります。例えば・・・

・手首の骨折の影響で肩こりがひどい

・手首の骨折で呼吸がしにくく猫背になる

・スネの骨折で腰痛になる

・スネの骨が複雑骨折で右目の視力が低下

・膝の骨が折れて老後に歩行困難になる

・足首の骨折で頭痛になる

などなど、挙げればキリがないほどあります。

意外と大きな病気の引き金が骨折だったりすることもあります。

 

もちろん、骨折の影響だけではなく、日々の生活習慣が関係していることも殆どですが、不調の原因になってしまっている場合がよくあります。

 

では、なぜ、骨折することで問題が発生するのでしょう?

 

それは、骨の長さやカーブが微妙に変わってしまうからです。

 

骨の形状が変わると何が良くないのか?

 

それは関節に負担がかかってしまいます。

 

関節に負担??

 

そう、元々の関節は全体(全身)と調和した状態だったのに、骨折をし、骨の形状が変化してしまうことで、全身の関節と微妙な不調和が痛みや内臓の機能低下をジワジワと起こしてしまいます。

 

整体で元の状態に戻るのか?

 

戻りません!骨折は不可逆的な出来事なので、もう以前の状態に戻ることはありません。実際の骨を触診すると、骨折部分が厚くなったりしています。しかし、全身との調和を促進することは可能です。定期的に整体を受けることをお勧めします。(季節に一回、年に4回程度がお勧めです。)

 

セルフケアはあるのか?

 

関節の調和にはある程度の関節の『あそび』が必要です。つまり、関節にある程度の柔軟性があれば、アンバランスを多少緩和する可能性があります。なので、ゆったりしたストレッチを日常生活のルーティーンに取り入れていただけると良いでしょう。全身の不調和はアンバランスを生み出しますので、長時間のウォーキングなどはお勧めできません。

f:id:Life_healing:20191004123112j:plain脳から全身の不調を整える整体

『ブレインハック』

ご予約はホームページから!

www.naraokahajime.com

 

手術の誤解

手術は極力避ける方が良い!と思います。

 

一般的に手術への捉え方に誤解があるように思います。手術の目的は病気の根本治療ではなく、延命だという事です。つまり病気は本質的に治っていると思うべきではありません。延命措置が実行されたに過ぎません。

 

延命が目的である以上、生活の質が保たれるのか?というと難しいのが現状です。

 

誤解してないで頂きたいのは、手術をしなくては生死に関わり、急を要する場合は手術を受ける必要があると私は考えます。例えば、交通事故に遭ってしまったり、既に末期ガンだったり。しかし、そうではない場合は極力避ける方が良いと思います。

 

また、身体の一部を切り裂くという行為は思いの外苦痛と後遺症が伴います。手術中は麻酔がかかっているため、無痛かも知れません。しかし、殆どの方は手術後も痛んだり、数年後、身体が歪んで他の痛みや病気に悩まされたり、その悩みからうつ症状に繋がったりする場合が多いという事実をご存知でしょうか?

 

手術が終わって、何ごともなく、以前のような普通の生活が待っているなどと思わないで頂きたいです。必ず何か変化が起きます。そしてその変化は苦痛や違和感を伴う場合が多いです。

 

このような手術後の身体のケアの依頼は後を絶ちません。過ぎ去ってしまったことはやむを得ないことですし、近親者の意向もあるでしょう。しかし、手術を経験なさった場合、ケアが必要だと痛感します。(間違って駅前のリラクゼーションや大手さんには行かないで下さいね、目的が異なります)

 

 

一番大切なのは、できる限り手術を回避するために、日々の生活に気をつけることです。そして手術を行った場合、そこからでもいいので、自分自身を本質的にケアする心の余裕と自愛を心がけましょう。どうやって自愛するのか?自分には何が必要かは自らの内側にありますが、中々掴めないものでもありますので、そんな時こと、脳の整体をご活用ください。

 

f:id:Life_healing:20191002094009j:plain

脳から身体の不調を整え、生活を豊かにする
『ブレインハック』のご予約はホームページから!

www.naraokahajime.com