奈良岡元・脳の整体・ブレインハック

東京ベース『ブレインハック』する脳の整体師・奈良岡元のブログ

お腹のガス

お腹の中にガスがあると、なにだか気怠く、調子が出ませんね。また、お腹がぽっこりして見た目にもあまり好ましくはないように思います。巷では膨満感などと表現されますね。では、お腹のガスは一体何なのでしょうか?そして、なぜガスが溜まるのでしょうか?その辺を解説したいと思います。

 

実はこれ、呼吸が浅いのが大きな原因なんですよ!

 

ガスは大きく分けると二種類あります。

 

口から入ってきた空気と、十二指腸で分解された食べ物のガス、大腸の腸内細菌の働きによって発生するガスです。簡単にいうと、口から入ってきたガスはゲップ、腸内細菌のガスはオナラとして外に出ます。しかし、これは全体の1割程度の分量で、残りのガスは血中から肺に移り、呼吸と共に外に出ます。

 

これらのことを踏まえると、よく噛んで食べる事が総合的に大切です。先んじて口の中で噛み砕くことで、胃の負担も軽減し、大腸の腸内細菌の過剰な活動も防ぐことができます。

 

しかし、この対策だけでは十分ではないと私は考えます。

 

上に記載した通り、見えないところで血中にガスが溶け、それが肺から排出されるガスが殆どです。つまり、呼吸が浅い状態というのはガスが体外に出にくい状態といえます。

 

呼吸は首の骨あたりで制御され、実際は横隔膜で実行されています。横隔膜のすぐ下には肝臓がありますので、肝臓が疲労している場合、呼吸は浅くなります。肝臓の疲労の原因は砂糖、飲酒、服薬が三大要素です!また、首の骨の歪みもよくありません。デスクワーク、舌の筋力の低下、視力低下などが、首の骨の歪みの原因といえます。これらは脳の整体で結構改善可能ですので、ご相談ください!膨満感が3日以上続く場合はぜひ整体を!

 

ひとつ食事で注意して頂きたいのが、硫化水素のオナラです。これは俗にいう、臭いオナラです。この臭いオナラが頻発している場合、硫化水素が大量発生しています。主にタンパク質の分解において、大腸で発生します。肉を食べるときはしっかり噛むことを心がけてください。また、食物繊維の取りすぎも注意です!程々に!

f:id:Life_healing:20191017170710j:plain
脳から身体の不調を整える整体『ブレインハック』

ご予約はホームページから!

www.naraokahajime.com