奈良岡整体・Dynamic Harmony・動的調和

人生を豊かに楽しくするためにガムシャラな日々

低気圧、萎え

今夜から関東には台風が上陸し、尚且つ大規模なものだと報道されています。台風というのはとてつもない低気圧でもあります。低気圧になると身体が痒くなったり、浮腫んだり、頭痛したり、倦怠感があったり、めまいがしたり、何かと体調が変調をきたす方も少なくはありません。今日は低気圧が起こす身体への影響について書きたいと思います。

 

 

低気圧で太る?

気圧とは空気の重さとお考えいただければと思います。皮膚の小さな面にかかわる空気の重さが低気圧の場合、小さく、身体は通常より膨張する事になります。なので、浮腫んだように見えるんです。ちなみに宇宙にいくと気圧がないので、私たち人間は宇宙服なしだと破裂するといわれています。つまり私たちの身体は大気の圧力を敏感に感じ取り、その圧力に適応するように身体の内外圧のバランスを自律神経と脳で行なっているといえます。そのため、昨今の異常気象は脳にとってみれば重労働といえます。

 

血圧がさがり副交感神経優位に!

身体が膨張すると、血管が拡張し、血圧が下がることで、副交感神経優位モードになりがちです。こうなると眠くなるし、血流は停滞気味になります。また、リンパ球が増殖し過敏に働きすぎて、痒くなったり、アトピーやアレルギーが反応が起きやすくなります。副交感神経は行き過ぎると、うつ症状にも繋がりますので、基本的にひどい低気圧だとバイブスはあがりません。でも、なーんかワクワクする台風!このage、sageの微妙なバランスが生命のすごいところ!

 

平地=1気圧=1013.25hPaが基本

今回の台風15号は960hPaと伝えられています。つまり通常1013.25hPaを基準に設定されている人間にとって、約53hPaも低い値といえます。並みの台風は980hPaくらいだとされていますので、今回の台風はやや強いと考えられます。また、1hPa下がると、海面は1cm上がるので、53cmも上がる可能性があるので、海沿いにお住いの方は注意が必要です。

 

セルフケア

少しだけ冷たいと感じるシャワーを浴びて血圧を高める事を促進したり、アカスリなどで皮膚に刺激をいれても良いでしょう。ぬるめのお風呂で水圧により圧力を高めるのも少し効果があります。間違っても長湯はしないで下さいね。

 

まとめ

低気圧は血圧がさがり、副交感神経優位になります。今回の台風は強めなので、副交感神経爆上げ感がありますので注意が必要です。もし、このような低気圧による身体の不調が顕著な場合、脳の血流がアンバランスだったり、耳周りの頭蓋骨の圧力が強く、首の骨も歪んでいる事が多いのですが、これはブレインハックで改善できますので、低気圧になると不調になる場合はご相談ください。

 

f:id:Life_healing:20190908104432j:plain


ご予約はホームページからお問い合わせください。

www.naraokahajime.com