奈良岡整体・Dynamic Harmony・動的調和

人生を豊かに楽しくするためにガムシャラな日々

about me

 僕のブログをご覧頂きありがとうございます。プロフィールやモットーを記しますのでよろしければご覧下さい。

 

【29歳で会社員という生き方をやめました】

仕事をする事はむしろ大好きなのですが、組織に属する事がどうしても馴染めませんでした。一人っ子だからなのか、ちょっと考え方が一般的ではないのか、体裁を整えたり、組織の維持のための、自分の人生を維持することが僕には出来ませんでした。僕には会社員という生き方が向いていないし、センスがなかった。センスがないものは、努力してもやっと平均点になれることを僕は知っていて、平均点を目指すために人生を費やすよりは、センスがありそうな事にチャレンジし続ける事の方が、僕にとっては楽だと感じたからです。悩みを抱えて生きるより、悩まないで進む方を選択したといえます。

 

【社会の人質にならないためには?】

会社員を終えてまず何をしたかというと、家財道具や家を引き払い、少しの荷物だけを持って地元である北海道を出ました。向かった先は東南アジア。タイを中心に東南アジアを6ヶ月バックパッカーをしました。英語も話せない僕が、飛行機のチケットだけを持って、宿も決めず、その日暮らしをしてみました。その時は死んだらそれまでの存在だったと覚悟していましたし、タイでの生活は僕にとってはパラダイムシフトだった。海外で暮らす事で、日本での会社員生活はまるで無菌室の密閉空間のように思えました。それは守られているという事です。しかし、同時に人質で誰かに管理されているとも感じました。守られる反面、人質になる、人質になりたくない僕は社会の外から距離を保ちながら、自力で生きていく!と決心。そのために人のために役立つ事だと考えました。

 

【ボディワークに没頭した10年間】

旅立ちと共に、整体・マッサージを通じて人のためになれる方法を模索し始めました。ふと、始めた整体・マッサージですが、どんどん上達し、様々なメソッドを習得していきました。独学で解剖学、生理学、発生学、栄養学、病理学、数学、化学、自然科学、仏教などあらゆる人間のベーシックなエリアを深めました。でも深まれば深まる程、問題がはっきり見えてきました。私個人の実力不足もあるとしても、結局、他人を変える事は出来ない!という普遍的な事実にぶち当たりました。変えることが出来ないというのはイコール、治療できないということです。例えば身体の歪みの大元の殆どがは頭蓋骨の先天的な歪みや、首の骨の捻れから始まっています。後天的には肝臓や腎臓の変調も大きな要因ですし、女性であれば生殖器、出産なども大きな要因です。また、地域と気候と人間との関係性を調べたくて、国内を横断し、引越ししながら、人間の身体の地域性も観察しました。これがまた全然地域によって身体が違う!つまり、生まれたところ、住んでいるとことまでも歪みや不調に関係します。これは変えようがない事実だし、ボディワークではどうしようもない事です。整体やボディワークなどの療術で、一時的に変化をもたらしても、人間には恒常性という修正力があるため、他人から与えられた変化は一過性の断片的なモノでしかないという事です。(一時的でも必要なこと、できることがあります)

 

【自分自身にしか答えはない】

他人を変える事は出来ない。だとすれば答えは簡単です。自ら変わるしかない!のです。でもそれが中々出来ないのも事実。では一体どうしたら人は変われるのでしょうか?実はこの答えも簡単でした。それは、自らが気付いたことで人の行動は変容するということです。例えば病気になったとしましょう。本来は病気にならないように身体が日々潜在意識レベルで調整しています。つまり癌になったのは、病気の存在が悪いのではなく、身体が調整不能になっているのが問題です。(これは大変デリケートな問題です。自らの生死に関わることなので、覚悟と責任を自ら固めて治療法を選択する必要があります。)ではなぜ身体は調整不能になってしまうのか?それは身体の問題はごく僅かです。私が調べたところ、飲食物や構造的な問題は10分の1程度の確率に過ぎません。残りの10分の9は精神、欲求、感情、地域、気候、神経、DNA、怨念など、身体構造とは関係のないところがこじれたのを放置した結果であると現状結論が私は出ています。(日進月歩の研究のため、また少しづつ変わるかもしれません)自らが変わるために必要なのは、【気付き】のある日々が特効薬です。

 

【気付くためのプロセスを提供すること】

今はヒーリングという方法論を提唱していますが、正直これはなんでもいいです。大切なのは私は何を目指しているのか?何の実現に取り組んでいるのか?だと思っています。私のヒーリングは何の歯車がいつ狂い始めたのかを患者さんの無意識に問いかけ、その時のことを思い出して頂き、その時起きた身体の反応を解除します。殆どのストレスやトラウマは身体の中のどこかにマイクロチップのように埋め込まれ保存されています。このマイクロチップは特定の出来事だけにとどまらず、似たような感情や出来事にも反応し続け、反応する範囲を拡大していきます。このマイクロチップを取り出す方法は自分自身でその出来事に気付くことから始まります。自ら気付きさえすれば、あとはマイクロチップとの連結を解除するだけで、半日もすればそのマイクロチップのような体内記憶化されたストレスやトラウマは消えていきます。肩こりや腰痛はお手の物ですが、それ以上に夫婦関係がうまくいかない、何をやってもだるい、面倒だ、食欲が止まらない、眠れない、恋愛が上手くいかないなど、多岐にわたる人生の局面で体内のマイクロチップが反応し、間違った選択をしてしまう事を防ぐことが出来ます。自分で開発した方法なのですが、やっと少しは誰かのためになりたい!という最初のミッションが少しは叶いそうだと思っています。

 

【セッションについて】

都内では対面でのセッションをレンタルスペースにて承っております。レンタルスペースは代々木上原久我山でのご用意がございます。遠隔地へのセッションも可能で、こちらはいつでもご予約可能で、オンライン予約も可能です。興味のある方はぜひ問い合わせください。今後ともnoteとはてなブログで副作用のない処方箋を文字で処方していこうと思います。

 

奈良岡元・Life healing   https://www.nowsapporo.com

 

f:id:Life_healing:20190211163736j:plain

life healing/naraka hajime